×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2012年地球滅亡説が噂されていますが、その真実は…。 実際、その地球滅亡説の元になっているのがマヤ文明の暦です。その暦が2012年の12月21から23日の間で区切られているんですね。 それでその先はもう地球が滅亡しているから、日付がないんじゃないかと噂されているわけなんです。
クラーラの大予言で未来をチェック↓


2012年・・・、一体地球はどうなるの!?3年後・5年後・10年後のあなたの未来をクラーラが予言します。
↓↓↓
⇒今すぐ占う!

あなたの過去・現在から世界が震撼するほど予言が的中する、クラーラーが未来を予言します。
↓↓↓
クラーラの大予言はこちら!

2007年も後僅かとなりました皆様はどうお過ごしですか?今日は朝から雷はなるし、ヒョウは降ってくるし、世の中の悪事を払いのけるような天気でした。その後穏やかになり今は空が澄んで星も綺麗に輝いています。 記事によると、地球はあと40億年は滅亡しないそうだ。 滅亡の姿を目の当たりに出来ないのは残念!? 2012年地球滅亡説 学者らが反論 以前にもこのブログの記事で紹介しましたが、古代マヤ文明の予言によりますと、「2012年12月21日に人類が滅亡する」と解釈することができる言葉があります。 最近ちまたで噂の 2012年地球滅亡説 古代マヤ文明の時代にニビルと呼ばれる正体不明の惑星Xが地球に衝突して、 地球は滅亡するって話です( ̄□ ̄;) それをテーマにした映画「2012」が公開されたり 2012年の12月22日にマヤの予言が当たって地球は滅亡するというのは 全くのガセネタです!!なぜかというと・・ New World Order=新世界の秩序の世界にも関するお話しなんですが、 まずこの世界は3次元です。 今、映画でも「2012」が評判だし、NASAでも太陽の黒点が現在少なくて、2012年には 太陽のフレアーが大きく成り、地球の磁場の異常な問題も明らかに成った。フレアーから発生する 多量の磁場が本来有るべき 少し前からいろんなところで盛り上がっている2012年地球滅亡説に対してNASAが正式に 反論するコメント を出したそうです。  1999年の恐怖の大王や2000年問題を無事乗り切った人類は、果たして今回の滅亡を食い止めることができるのでしょうか。 信じる?信じない?ちょっと話題の2012年地球滅亡説… (ORICON STYLE) 2012年の世界の終末を描く映画『2012』(11月21日公開)の1シーン  今年に入ってから、海外メディアのほか国内でも一部週刊誌で取り上げられ 2012年地球滅亡説に関しては、「Apocalypse 2012(世界の終末:2012)」や「How to Survive 2012(2012年に生き延びる方法)」といった書籍まで出版され、インターネットでもさまざまなサイトが存在する。 職場の友達から2012年地球滅亡説の話を聞きました え〜っ( ̄□ ̄;)!! それは困る〜 りんりんの人生設計は98歳まであるんだけど〜 と言うと なんで98歳?と笑わさかり!と言うとまた笑われてしまいました(^o^; 2012年地球滅亡説どう思います

2012年地球滅亡説の真実はコチラ!